喫煙がインプラントの失敗を招く

インプラントは優れた治療法です。適切なメンテナンスを行えば、半永久的に使用できると言ってもいいものです。しかし、一方で、うまく顎の骨に結合しなかったり、治療完了後数年で脱落が起きたりと、失敗することがあります。インプラント治療がうまくいかなかった原因の一つに、喫煙があります。喫煙者の失敗率は、非喫煙者に比べて3倍以上高いというデータもあります。それでは、喫煙はどのような影響を及ぼし、失敗の原因となるのでしょうか。たばこを吸うと血流が悪くなりますが、その影響でインプラント手術した周辺組織の血行が悪くなります。すると酸素や栄養がうまくいきわたらず、抵抗力が落ちます。また、たばこは白血球の機能を低下させる作用があるとされています。細菌の増殖を抑える働きがある唾液も、たばこを吸うことで減少します。喫煙は、こういったさまざまな悪影響を及ぼし、インプラントを埋め込んだ歯肉などの周辺組織が細菌に感染しやすくなります。また感染した細菌が繁殖しやすくなります。さらにやっかいなのは、たばこを吸うことで歯肉が硬くなり、炎症を起こしていたとしてもわかりにくくなることです。気が付いたときには症状が進行していることも多くあります。可能であれば禁煙し、どうしてもやめられない場合は、定期的に歯科に通い、しっかりメンテナンスを受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP

Menu