インプラントと喫煙の関係

インプラントを受ける際の注意点

インプラントへ悪影響のある喫煙

インプラント治療を受ける際に歯科から注意される内容の1つに喫煙があります。通常手術後における注意事項として喚起が行われており、飲酒とともに控えることが掲載されています。歯科クリニックにおいては喫煙をしている患者に関してインプラント治療に苦慮しているケースが報告されており、大きな理由として失敗につながる可能性が高いことがあります。実際喫煙をしている患者のインプラントの予後は良くないとされており、手術は、禁煙を前提として受けることが成功につながることを理解しておく必要があります。歯科クリニックにおける指摘事項としては、まず1つに感染のリスクが高くなることを上げており、理由として、タバコの成分の1つであるニコチンが白血球の作用を低下させることで免疫力を低下させてしまうことがあります。そのために、歯肉に炎症が起こりやすくなります。次にインプラントと骨がしっかりと結合しないことがあります。ニコチンが血管を収縮させることで血流の悪化を招き、骨や歯周組織へ酸素や栄養が行き届かなくなるために外れやすくなります。3つめには炎症を起こしやすくなる点があり、原因としては、喫煙によって血流が悪くなることがあります。唾液の分泌量が低下することが自浄作用を起こしにくく、結果として細菌が増え炎症につながることになります。

↑PAGE TOP

Menu