インプラント施術情報

喫煙とインプラントの関係

インプラント治療の手術とは

インプラント治療は失った歯の代わりに金属製の人工歯根を歯茎に埋め込み、その上にセラミックなどでできた上部構造(かぶせ物)を装着させる治療法です。人工歯根を埋め込む際は切開手術を行い、あごの骨にドリルで穴を開け、人工歯根をはめ込みます。あごにしっかり固着するまで数カ月間待ち、その後、上部構造を取り付けて完了となります。部分麻酔を使用しますので、痛みを感じることはなく、近年は歯茎を切らずに行う方法もあります。治療方法は年々進化しており、近年は手術後すぐに仮歯を装着するワンデーインプラントも注目を集めています。

↑PAGE TOP

Menu