インプラントで歯を補う

永久歯が抜けてしまうと、もう歯が生えてこないので、人工の歯で補わなくてはなりません。しかし、人工の歯は、安定感が悪いので歯を補っても快適に食事ができなくなるおそれがあります。しかし、インプラントならば人工歯根を手術で埋め込んで人工の歯を固定するので、とても安定感があります。もう硬いものは食べられないと思っていた人も歯が抜ける前のように硬いものが食べられるなどとても安定しているので快適に過ごせるでしょう。

痛みを感じないインプラント治療

インプラントとは、歯と歯の根がセットになった人工歯のことで、本物の歯と同じ感覚で物を食べることができます。人工歯の治療を受けるにあたって気になるのが、施術中に感じる痛みです。もし痛みに不安があるなら、無痛治療が可能な歯科医を探してみるといいでしょう。インプラント治療を行う医師の中には、麻酔治療を得意とする者がいます。局所麻酔や静脈内鎮静法が代表的な無痛治療で、特に静脈内鎮静法は、不安や緊張を取り除くのに効果的と言われています。

インプラントの必須情報

↑PAGE TOP

Menu